日本全国の約70%の生産量を占める日本一の桐箪笥の産地である新潟県加茂市。約220年前の江戸時代から脈々と受け継がれてきた確かな伝統技術に新しい息吹を吹き込むべく、デザイナーに岩倉榮利を迎え、JAPANブランド育成事業としてプロジェクトが発足しました。日本国内に先がけて、ドイツ:ケルン国際見本市にて出品し発表するなど、主に海外にて積極的にプロモーションされており、桐箪笥職人が魅せるハイレベルな加工技術を引き出した洗練されたデザインの新世代のジャパンオリジナルの家具として、唯一無二の存在感を世界に放っています。