福島県会津若松市:「庄助の宿 瀧の湯」

shousuke.com

名湯 東山温泉郷に位置する「庄助の宿 瀧の湯」は、旧名「旅館 松島」として古くから親しまれ、地名の「滝ノ湯」さらには、会津の民謡「会津磐梯山」にも登場する伝説の人物「小原庄助さん」ゆかりの宿であったことから、平成になってから「庄助の宿 瀧の湯」へと改名。かつて「旅館 松島」があった当時の場所に、当時の高級な赴きと、現代の「和」の要素を取り入れ、「はなれ 松島閣」として復活しました。