BRAND PHILOSOPHY

本能のデザインNatural Sensibilly Design

       

独特な美意識と感性を持つ日本において「美しい暮らし」を創造し、
想像させるデザインは「本能」によって生まれ、「本能」を刺激する。

In Japan where original beauty sense and sensibility exist, designs that create
“beautiful life” are generated by “natural sensibility” and stimulate “natural sensibility.”

約400年前、「傾き者(かぶきもの)」と呼ばれた踊り子がいた。その独創的な感性による衣装や踊りは、異端とされつつも大衆の心を捉えた。
時代とともに様々な変遷を経ながら磨き上げられた芸の数々は、今日「 歌舞伎 」と称され、世界を魅了する文化芸術にまでなっている。
ロックストーンの創設者である、家具デザイナーの岩倉榮利は人・モノ・空間の調和を「生活デザイン」という独自の思想で語る。
様々な素材や職人との出会いにより、日々挑戦し続ける新しい創作活動の根底は
自らの信念に基づく「本能的な確信」と「イマジネーション」である。

About 400 years ago, there was a dancer called “kabukimono.”
Her costumes and dances based on her creative and original sensibility were regarded as different and unorthodox but strongly appealed to people in those days. Her performances went through various transitions with times and polished up.
Today, they are called “kabuki” and became Japanese culture and art that attract people all over the world.
The founder of Rockstone and a furniture designer, Eiri Iwakura, expresses the harmony between human, goods and space based on his original concept, “life design.”
At the bottom of his never ending creative activities, there lie “instinctive confidence” and “imagination” based on his own belief.

DESIGNER

岩倉榮利Eiri Iwakura

オリジナルブランドであるROCKSTONEを設立して以来、海外のデザイナーや建築家のシリーズなどのトータルなモノづくりや、家具を中心とした空間プロデュース、究極の日本の宿づくりを手掛ける。それらのデザイン活動は単なるデザインの提案にとどまらず、生産・販売という具体的な経営活動を通じて新しい文化のあり方とライフスタイルを提案し、従来のインテリアデザインの概念を超えたものとなっている。近年は海外の市場向けに開発した楽風庵・KAMO・tobiブランドを手掛け、日本の家具としては異例の高評価を海外見本市にて獲得。世界市場における日本の家具ブランドのあるべき姿を追求し、世界に誇れる地場の職人技をデザインによって昇華させ、新時代に適応した新しいブランド創造活動を行っている。

Since establishing the original brand ROCKSTONE, Eiri Iwakura has worked one series of collaboration with designers and architects from overseas as a interior producer, producing Japanese hotels in its extreme. These design activities do not limit itself only on design proposals, but include total coordination and management from production to retailing, in which a new cultural lifestyle is expressed beyond the existing notion of interior design. Recently, brands such as RAFUAN・KAMO and tobi were targeted towards the international market, and have achieved exceptional commendations from international furniture fairs as a Japanese furniture brand. Iwakura still seeks creation of new brands towards the global market in the future, as he identifies Japanese furniture brand by sublimating craft techniques from the local industry with the aid of design.

岩倉榮利

HISTORY

ロックストーンの歴史History of ROCKSTONE

1970年代後半、当時の日本の最先端モードファッションを牽引していた「渋谷パルコ」。そのインテリアブランド館となる「パルコパートⅢ」の立ち上げの際に岩倉榮利が空間のディレクションを行っていたことをきっかけに、急遽テナントとして自らのショップを持つことになり、81年にオリジナルファニチャーブランドショップとして誕生したのが「ROCKSTONE」ブランドの始まりです。

1980年代初頭の日本はインテリアや家具に対して人々の意識と価値観はまだ低い黎明期でもあり、一部の有名海外ブランドは輸入されていたものの、デザイン性の高い国産のモダン家具はほとんど皆無であった。そんな時代において先進的な素材使いと独創的なフォルムをまとったクールな存在感を持つロックストーンの家具は、アパレルブランドやヘヤーサロンなどモードに敏感な業界の人々を中心に人気を博すことになります。

また、翌年の1982年に自らの活動拠点であった代官山にショールームをオープンさせ、同年に発表した「KARAS highstool」が当時の”カフェバーブーム”とも相まって大ヒットとなり、代官山発信のモードなファニチャーブランドとしてロックストーンは一躍その名を広めることになりました。その他、「KAMUI」「KABUTO」「KIMIKO」など、独特な世界観を持つ製品達を次々と発表し続け、80年代にデザインされた製品のその多くは現在でもロックストーンブランドの代表的製品として製造・販売されています。

1990年代に入ると岩倉は「BABYLON」「TAKAYAMA WOOD WORKS」など自社以外の様々なブランド開発に注力。さらにバブル崩壊という時代の影響も受け、転換期にあったロックストーンブランドは一時期その活動を潜めた。

2000年頃から国内展示会に出展するなど活動を徐々に活発化。そして2005年、国内でのインテリアブームがピークな中、一際注目を浴びたライフスタイルショップ「LAUNE(ラユンヌ)表参道」に併設したショールームを開設。「日本人の美意識」というコンセプトを掲げたLAUNEのマーチャンダイジングの中で、ロックストーンブランドのデザインと存在感は世界各国からセレクトされた家具とも見事に融合し、独特なインテリアを創り上げました。

2007年に株式会社ロックストーンとして現在の組織へと大きく変革し、2008年に本社を表参道から駒場に移動。創設者であるエグゼクティブデザイナー岩倉榮利の元、新しいロックストーンのブランド活動を本格化。

2012年、ロックストーンブランドは創立30周年を迎え、新宿のリビングデザインセンターOZONEに「デザインショールーム」を開設。

2014年、石川県金沢の地にロックストーン・ショールームショップがオープン。
ロックストーンを中心に照明、インテリアファブリック、アート、小物雑貨等を交えて、岩倉榮利のデザイン世界をトータルして表現するスペースです。

2016年、名古屋幕傳にて全館”IWAKURA DESIGN COLLECTION”を展開。
ロックストーン・名古屋としてロックストーンの代表商品を全て展示し、ブランドを体現したショールーム・ショップを開設しました。

[Shibuya PARCO] during the late 1970's has lead the forefront of the mode fashion of Japan. Eiri Iwakura started his own shop as a tenant in the interior brand building [PARCO Part Ⅲ] where he was actually the space director during its establishment. In 1981, the shop became the birthplace of his original furniture brand, ROCKSTONE.

In the early 1980's, although there were some name brands imported from overseas, the value interior design and furniture were still not highly recognized in Japan, and there were no modern furniture from Japan with high design ability, In such background, ROCKSTONE took the lead in the mode fashion industry through providing furniture with advanced usage of materials with creative forms and a cool presence, to various apparel shops and hair salons.

ROCKSTONE in 1982 opened a showroom in its activity base, Daikanyama, and in the same year, [Karas highstool] became a hit with the 'café Bar Boom', broadening the furniture brand itself. Other unique products, such as [Kamui] [Kabuto] [Kimiko] followed the production in the 80's, and has become the products that represent the ROCKSTONE brand up till this day.

In 1990, Iwakura starts to put focus on establishing other brands such as [Babylon] and [TAKAYAMA WOOD WORKS], and during the period of transition caused by the economic depression, ROCKSTONE will temporarily ease its activity.

It was around year 2000 when ROCKSTONE reactivates by attending various exhibitions in Japan, as in 2005 when the interior boom in Japan had reached its peak, Iwakura launched a showroom in collaboration with life style shop [LAUNE Omotesando.] “Beauty of Japanese Aesthetics” being the concept of LUANE's merchandising, ROCKSTONE's brand and design has appealed its presence amongst the furniture products selected from all over the world.

In 2011, ROCKSTONE has reached its 30th anniversary since its establishment, and in the following year has opened a showroom in Living Design Center OZONE Shinjuku, and in JSWB Shanghai, as the first brand from japan to open a showroom.

In 2014, a new showroom shop [ROCKSTONE Kanazawa] is established in Kanazawa, The showroom shop mainly equips ROCKSTONE brand products, with additional related items from the area of furniture, lighting fixtures, fabric and small ornaments that further propose Eiri Iwakura's world of design.

In 2016, a new project is developed in Makuden Nagoya with “IWAKURA DESIGN COLLECTION”, displaying all representative product of ROCKSTONE as “ROCKSTONE・NAGOYA”, a showroom/shop that embodies the brand image.